文字起こしの主な仕事内容と目的について調べてみよう

  1. ホーム
  2. 気になる料金を確認

気になる料金を確認

女の人

文字起こしと呼ばれる作業は基本的には会議や講習、またはシンポジウムなどの大事なものの音源データを文字にすることを言います。音源データは基本的に録音されたものを使うため別名テープ起こしと呼ばれることもあります。こうした文字起こしは通常、それらを専門にしている業者などが行なっていますがこの文字起こしの料金について気になっている方も少なくはないでしょう。文字起こしはどの音源を文字にするのかで料金や納期期間が変わってきます。講義や講習、シンポジウムといったものは日本語になっていることが多いので料金も比較的安く抑えることが可能ですが、英語を始めとするその他の言語や裁判などの特殊な例は専門用語などの観点から特殊な技量が必要となるため料金も日本語より値上がりし納期も通常よりかかることがあるのです。
録音された音源を元に行なわれるものですがそれ以外でも文字起こしをすることが可能で、動画の字幕として文字を作成することや会話分析用の文字起こしなどを行なうこともできます。通常の日本語のテープ起こしの料金に約三割増しほどされることが多いですがこれはテープ起こしを行なう企業によって変わってくるため、いろんな業者の料金などを参考にして選ぶといいでしょう料金の安さを大々的にしていたり、納期が早いことで有名な業者など様々なため自分の理想に合った業者を選ぶ必要があるといえます。インターネットなどで検索をしてみるといくつかの企業が見つかるので比較をしながら探してみましょう。